封切初日観て来ました #キネマの神様

JULIE

というわけで、観てきました!

昼間の暑いのはなるべく避けたかったので(それでも十分暑かったですがw)初回をということで。

観に来られた人は最終的には15人くらいですか、だったんですが
館内入ると他の映画を観に来てた特に若者の人混みがすごくw
簡単に買えるだろうと思っていた券売機もしばらく並ぶことに・・・
今日行った映画館だけかもしれませんが、あらかじめ席予約している人の方がこちらが並んでいるのに先に先に券売機使えるようなシステムで。
それでもそんなことしてたら間に合わないのでw係員のスキを見て券売機を操作。
てか、ムビチケを選択してからがなかなか発券できず・・・
変な所押してないハズなのにすでに選択されているとかなんとか?
気付いた係員の人にやってもらいましたが、もうちょっと改善してもらえないかしら(人のせいw

本編は10分ちょっとくらい、ほかの映画の番宣があった後に始まりました。


ストーリー感想は、さすがに初日なので割愛・・・

しかし、案の定、ゴウさんが登場した時には

もう萌えて萌えて(*´Д`)(*´Д`)

LIVEでは決して見ることができないパジャマ姿とか
風呂上がりのせいなのか前髪をセンターで分けてる髪型とか
バンザーイする時に稔侍さんに手を持ち上げられた瞬間のカワユサとか
ちょっとした表情の数々がもうもう(*´Д`)(*´Д`)・・・

・・・そ、そりゃ頭髪がアップになった時に頭頂部も含め「ああ、薄くなったなあ」とか思いますよ
でも同時に、人のこと言えへんやん!とジブンにツッこみ、
同時に、そんな沢田さんを愛しく思ってしまうわけです💗
なんていうのか、「老い」をすべてさらけ出している姿がエエんですよね。
もしかしたら、往年の「美しいジュリー」を望む人にとってはショックな御姿かもしれませんが、
私はありのまま、しかもあんなアップでゴウを演じる沢田さんを観れてうれしかったですよ。
そのありのままがエエんです。
LIVE最前列でもあんなに細かくは観れないですしw

こんなスクリーンで、リアルタイムの新作として、主演として沢田さんを観ることができる日が来ようとは、本当に思わなかったなあと。


で、私はもっと志村さんの影というのか、沢田さんに志村さんが重なるかなあと思ってたんですが、
まったくといっていいほど、そういう感じは抱かなくて、
志村さんが演じたらどうだっただろうか?とか考える隙間もなく、
もう自然と沢田さんが主演の映画なんだ。という気持ちでした。
志村さんだったらどんな風だろう・・・というイメージが湧かないのです。。

最初の方はただただ萌え萌えしていて、
周囲に人がいなければ完全に足をバタバタしている次元ですがw
やっぱり泣けるところもあって、
ああ、こういうふうに物語を展開させていったのね、と。

私的には沢田さんは置いといて、野田さんの演技が一番よかったなあ。
若いパートから現代パートへ、違和感のない見事なつなげ方でした。

最後のシーンが想像とは少し違ったかな。
でも、こういう終わり方もまたいいかなと。
また早めにもう一度観ないとなあ。
こんな状況なので、いつ「映画館もストップ」ってなってしまうかも分かりませんし。

ちなみにエンドロール見て気付いたこと。
買ったパンフレットにも同じものが載っていましたが、


テレビ局関係の協力がテレ朝なんですよね。
だから、今回のLIVEツアーの協力もキネ神つながりでテレ朝が協力されているのかなあと。
てっきりサリーさんつながりかと思っていました(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました