はね駒余韻(2)

JULIE

当時不定期に発行されていたファンクラブ向け雑誌「不協和音 VOL.1」より

4月からはNHK朝の連ドラ「はね駒」を目覚ましに

 近頃、お茶の間からはちょっと遠ざかっていたジュリーが、いきなり、朝のタイム・キープ番組、NHK連続ドラマに出演することになりました。
 4月7日からスタートする「はね駒」での松浪毅役がそれで、ヒロイン斉藤由貴演ずる、おりんの初恋の人、という設定。
「東北のキリストって言われた人で、もともとは松山藩の武士で剣の達人だったんだけど、やそ教——キリスト教の一種だと思うんだけど——に目覚めて藩士の激りんに触れて放浪の身になっちゃった。で、横浜行って英語をマスターして東北で布教活動して仙台にミッションスクールを造ったという実際にいた人なんだって。役者さんみたいな男前で、当時からスカーフ巻いたりとかハイカラな人だったらしいよ。カッコ良すぎる役なんだけどね」(笑)とジュリー。
 その後、松浪は自分の師と仰いでる人をたずねて渡米する、というところでジュリーの役目は完了とのことです。その後、回想シーンに出てくるかもしれないけど、基本的に7週分でジュリーの出番は終了予定。
 1月末からロケに入るというジュリー初出演の朝の連ドラ、4月からは低血圧の人も早起きし、リアルタイムでジュリーを見ましょう。

ふむふむ。松浪先生のモデルになった方も男前でハイカラな人だったんですね。そりゃジュリーに話が行くのも無理はない(笑)
役作りにあたり、若干長髪だった髪の長さもそのままで、むしろ付け毛でもっと長くしちゃいましょうということだったのかもしれませんね😝

第6話の終わりで、再びおりんの前に登場
袴姿で颯爽と馬に乗って来るなんて、もうカッコ良すぎるでしょ(*´Д`)


祭の夜に出会った際は薄暗かったでしょうに(当時の照明にしてはあれは明るすぎw)あのぉ・・・あのぉ・・・って言っただけで王子様に気づいてもらってよかったですね💗

ああ、あなたはあの時の

おりんちゃんを認めてからはひたすらニコニコしているもんだから、結構風が吹く中、おりんはもうただドキドキ💗してわけわからん状態になっているものと想像されます(私ならそうなると断言)

《ふろく》
「37歳の歳出発」でこのシーンを確認する沢田さんを発見
本当に相馬で撮影されたんですね

すぐにもつれると思われる付け毛の櫛通しはマメに(笑)




コメント

タイトルとURLをコピーしました