自粛期間明け

つぶやき

現在勤めている仕事場もようやく再開の運びとなりました。

スポンサーリンク

丸3カ月間の自粛期間

仕事場(宿泊業)をいったんクローズされたのが4月14日でしたから、ほぼ丸3カ月間仕事場に行かずの人生初長ロングランな自粛期間でした。正確に言うと、もうその約1か月前から結構休まされていたので、感覚としては4カ月くらい休んでいる感じですが😅
最初は4コマ漫画なんか描いていたりしましたが、こんな状況下何をしていたかといえば。。

最初はお尻が痛かった(笑)

一人暮らしの椅子もない狭い部屋なので、布団から起きてPCに向かって座り続けてたまにゴロゴロして寝るの繰り返しだったゆえに、最初の1週間くらいたってお尻が痛くなりましたね(笑)
で、この果てはどうなるんだろうと思っておりましたが、腰痛が少しあったかくらいで「お尻への負担は慣れて短期間で痛くなくなる」という結論が出ました(笑)
その代わり、体力的な衰えは感じましたね。特に足に関しては。買い物で少し歩くだけでもなんだか疲れてしまうという。やはり私には立って強制的に動く仕事が必要なようです。

閉じこもっていても大丈夫だった

以前仕事しながら時々思っていたんですよね。
「もし一週間くらい家に閉じこもっていても耐えられる自信があるだろうな」って。ずっと働き続けてきたので、まとまって休みたいという気持ちの反動から思ったことかもしれませんが。
私自身かなり変わっていると思うのですが、とにかく小さい頃から「一人好き」で、「not寂しがり屋」一人でいることや遊んだりすることにまったく違和感なかったですし、一人にされて寂しいとか思った記憶がありません。逆に他人といると疲れるというか、そういう性格が尾を引いてずっと続いている状態なんですね😅でもでも本当はどうなんだろうと試す絶好の良い機会でもありました。

結論としては、「3か月間ほぼほぼ誰とも喋らなくても全然大丈夫だったけど、ネットがなければキツかった」です。生活上、人と最低限の会話はありましたけど、まともに会話したというのが、久々に出勤してきた日ということで本当に3カ月ぶりだったという(笑)安心しました。ちゃんと会話できましたし、不意の外部からの電話にも対応できましたし。さすがにちょっと緊張気味ではありましたが。

それにしても、自分は本当に自分に合ったというか良い時代に生まれることができたと思いましたよ。ご存じのとおり、ジュリーが好きだったり昔の人や音楽が好きだったりしてる人間で、これまでどれだけ「あとウン十年か前に生まれていれば、リアルタイムで美しいジュリーを観ることができただろうに」なんて思いまくったかしれませんけども、少し昔でもこんなことが起こればいくら私でもキツかったと思います。情報がテレビラジオ簡易的なネットニュースしかないわけですから。

助けられた「はね駒」とジュリー

「ひとりでで大丈夫大丈夫」と思っているつもりでも、後から振り返ると一番「底」の時期を支えてくれたのが、「はね駒」の再放送でしたね。放送があると知ったのはまだコロナの影が薄い時で、単に私の大好きな松浪先生を観れる!!なんて喜んでいたんですが、ちょうど自粛がはじまってすぐくらいから「はね駒」がはじまって。完全に松浪先生にもっていかれましたよね。いや、その15分間だけ持っていってほしかった(笑)撮影当時の沢田さんはこういう清廉潔白的な役を演じることに大いに違和感があったとは思いますが、今となっては本当に良い財産を遺してくださったと思います(*^^*)
そして、その「はね駒」の松浪先生が学校を去られる日と沢田研二さんの「キネマの神様」主演の発表の日が重なったっていうね・・・もうなんていうか運命的なものを感じましたよ。ちゃんと今の沢田さんにバトンを渡してくれている感じがね。あの日のことを思い出すと、改めて感慨深いものです。

これまで毎年行われていたLIVEツアーは全キャンセルとなってしまいましたが、こうやって映画を通して沢田さんの動向も想像も含めて知ることができて、「ジュリーも頑張っているんだから、自分も頑張って、また(精神的に)成長しないと」という励みになりました。

助けられたYouTube

やっぱり自粛中に一番助けられたのは「YouTube」ですね。どうしてもテレビばかり見ていると、悪い方に影響を受けてしまい、かといってずっと見ないというのもどこか気になる・・・みたいな感じでテレビは流しでつけながら、メインはPCでYouTube見ていたという。
見ていたのは、スピリチュアル系、交通系、(なつかしの)音楽系、おしゃべり系ともうゴチャ混ぜ(笑)
スピリチュアル系は、去年くらいから投稿される方がまあ本当に増えたという感じですが、特定の人にのめり込んで盲目的になる(例えばオンラインサロンに入るとか)っていうのはどうも性に合わないので、自分にとって良いと感じたものを取り入れるということを心がけています。何度か気持ちが落ち込んだ時もありましたが、随分と助けていただきました。
現時点、日々感染者数も増加し世間的には暗くなっていってますが、気持ちだけは「明けない夜はない」ということには変わりませんし、良くなる良くなるという方向に置くように心がけています。

交通系は、以前取り上げた「スーツ君」をはじめ、以前から見ていた人たちが、この環境下、どうやって乗り切ろうとされておられるかに注目しながら見ていましたね。で、やっぱり強い人(登録者数が多いというのか)っていうのは、コロナ下の対応力もしっかりしていると。看板の移動や旅行ができなければ、別の方向から視聴者の関心を惹き続けようみたいな。そのネタの出し具合、皆さんうまいなあと思いましたね。この分野に関してはまだまだ自由に行き来しましょうになっていないので、しばらく続く状態でしょうが・・・

おしゃべり系は、これは私の「会話力アップ対策」(笑)
ひたすら喋っているものを聞きまくっていたら、ちょっとは会話力が上がるのではないかとなんとなく思ってですねえ😅
6月前後に一時ハマっていたのが「パペポTV」。昔鶴瓶さんと上岡龍太郎さんがただただ二人で喋り合っているだけの番組がけっこうアップされていまして、そればっかり見ていましたねえ(笑)結果・・・・あまり会話力に変わりはありませんが。
どうしたらあんなに言葉が次々出てくるのか、このお二人のみならず、普段でも切れることなくしゃべり続ける合うことができる人の脳が正直理解できません😅
それに今、上岡さんがテレビに出ておられたら、この情勢に対してどんなことを仰られるだろうかとふと思いながらね。

音楽系は・・・この中では一番比重は少ないですねえ。気分的にたま~に聴くみたいな感じで。ジュリーに関してはちょうどブログでいろいろ書いている85年86年あたりが今ブームになっておりまして(笑)「架空のオペラ」音源ちょこっと聴いてはエエわぁ~エエわぁ~なんて思っておりますが💗

絵ばっかり描いてました

5月の頭に、時間はたっぷりあるので何かやろうと「英語」と「ペンタブで絵を描く」を思いつきやりはじめたのですが、「英語」は早々に挫折・・・少し聞いているだけで眠くなってしまってやっぱり身につきそうにありません。努力すればできるようになる!という次元に自分は落とし込めないようです。今まで何度かチャレンジした形跡はありますが、やはりダメぽい・・・
一方で同時に始めた「絵を描く」ことに関しては、少しでも脳裏の思い出を残すためにさんざん別ブログでヒドイ沢田さんを描いてはきましたが(笑)、どこかでちゃんと描かないと失礼・・・という気持ちもあったんでしょう。
で、とち狂ってるというかヒドイ時は朝起きてから寝るまでほとんど絵を描いている日もありましたね。集中力に欠ける自分でも絵を描くことに関しては集中できるできる(笑)「いやあ、こんなに自分て絵を描くのが好きだったんだなあ」という発見もあって。描くたびに、自称ちょっとずつうまくなっているという喜びもありましたしね。何かひとつ武器というのか、アイテムを見つけることができた。収穫を得たというのが、この自粛期間中で一番嬉しいことだったかもしれません。

まとめ

というわけで、普段ロクに散歩せず、いきなり長距離歩くと親指が内出血するとか、筋肉痛が2日間続くとか(in伊勢)w今まで朝食を滅多に摂らない人間が漏れなく摂りだすとたちまち太るとか、反省?点もありますが、一方で「物事に執着しない。不安がらない」という戦法も取っていたので、結果金銭的にも大して影響がないですし、不安になることもほとんどなかったですね。ですので精神的には安定しているつもりです。

これからも少しずつですが仕事も再開しだし、いわゆる無菌室から外に出るようなものですので、こまめに歩いて体力つけるとか、精神的に安定を心掛けるとかやり続けようと思います。収入的には仕事再開といっても全力でシフトに入れる状況ではないので😅厳しいといえば厳しいですが、これまでどおり執着しなければなんとかなるんじゃないかと。そのうちいろんな側面で光が見えるさ。なんてちょっとお気楽に思いつつ・・・頑張っていけたらと。

これからは、この場を借りて、仕事場(宿泊業)から見た京都、お客様の様子などを書いていけたらと思いますので、何かの参考になれば幸いです。よろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました