BALLADE@東京国際フォーラム

JULIE

東京駅で、お蕎麦を食べた後に事前にこれなら徒歩圏内かなということで、人形町のほうに・・・
空襲で焼け残ったり、出征した兵隊さんが全員生きて戻ってこられたとか、すごいなあと思って興味があって初めて小網神社にお参りさせていただきましたが、

もう結構な行列になってて、ちゃんと警備員さんもいらして、
エーッここってこんな人気の神社なの?って思ってw

でもね、こうやって待ちがながら本殿のほうをじっと見てると、
やっぱりなんかあるなあ、という惹きつけるというのかね。
そういうものを感じさせていただきました。

伏見稲荷と同じね、お稲荷さんの神様が祀られている神社さんです。

そして、近くの水天宮にも(2回目)

やっぱりここは安産祈願だとか、お子様が健やかに育つことを願ってとか、そういう神社さんなので、お写真のご家族のようにお子様連れがいらっしゃいました。

というわけで、もう情報は出てしまっておりますので(笑)
先に書くと、次の正月LIVEのタイトルが
沢田研二2022「初詣LIVE」
という、これまた今までのタイトルのつけ方に比べてシンプルというかw

でも、私のように神社好きからすると、このタイトルは嬉しかったなあ。
もう沢田さん自体が神様みたいな存在ですからね。
ずーっと。。
なので、沢田さんは「オレは神だ!」的なキャラじゃないから、絶対そうは思ってないだろうけど、私たちからすれば、その神様に2022年参拝させていただく気持ちでね。参加しようと(笑)

沢田研二の2022年は「初詣ライブ!」で幕開け
沢田研二が2022年1月にバンド編成のワンマン公演「初詣ライブ!」を開催する。

なんかめでたい気持ちになりますね!

そしてそのまま歩いてフォーラムへ~
すでに開場されてましたが、5月のように大行列ができることなく、驚くくらい順調に入ることができて、入場も名前書くこともなく、体温も自動で測るに変わってましたし、いろいろ効率化された感じでした。

それで、こういう発表がされることになるとは知る由もなかったので、
今思えば、多分最後のあの

ポツン感

というのかw見納めだったんだなという。
最初の武道館では驚きで内心ぶっ飛んだもんだけど、これはこれでこうじゃなくなるというのが寂しいですね。

それで、思えばですが、
どこかフンコーしてたというのか、そういう歌唱で
もう声は素晴らしかったですよ
音響とかそういうこともあったかもしれないけど、疲れを感じさせなくって、で気持ちが入りすぎて時々歌に入るタイミングが・・・という部分もありましたが(ほめてますw)

ああ・・・今日発表するんだ発表するんだ!!!!

みたいな嬉しさというのか。

いつもならとっくに正月の発表はされるんですよね(9月には)
でもずーっとなかったでしょ、このツアー中も
おかしいなあと思ってましたもん。
もしかしたら愛知と大阪の客数を協議してるのかなとか思ったり。。

それで、新潟でちょっと漏らしてしまいはしましたが、
今回は日程のみならず、またバンド編成に戻すということで、
ご自身の口からまず発表したかったんでしょうね。
これが普通に日程のみならもっと早くハガキなど来てたでしょう。

一体どのような心境の変化で?
ツアーを通して仰っていたのは、業界が大変だということ。
その中で、自分がやってみてこれならこれまでどおりでできそうだと、何か手ごたえを感じられて、そりゃ人件費が大きくかかってしまうだろうけど、ちょっとでも人の助けになりたいという気持ちがおありになられたということもあるのではと。

後は、いい意味で欲が出てきたのかなあ。
私は2023年SSAでおやりになることは決めていると思っているんですよ。
その将来の姿を想像したときに、バンドの前で歌っている自分というのか。
やっぱり原点はバンドだからという。
カズさんと2人でやるのは良かったけど、やっぱりどこか物足りないみたいな。

カズさんから意見があったかどうかは分からないけど、やっぱり大変だよね、この人支えるのはって事あるたびに思ってたもの。カズさんだって来年は70。沢田さんは超人だけどwカズさんは普通の人やからね💦体力的、精神的な負担も考えたのかもしれないしね。

ひとつの理由じゃなくてって、複合的な理由がおありなんだろうと思います。

MCでは、これが主題ではありましたが、
おそらく8月~9月に替えたであろうスマホ話に花を咲かせww
(詳しくは別ブログにて)
めちゃくちゃスマホ操作にイライラしている雰囲気が伝わってまいりました。
それもそうだけど、せめて以前のガラゲーのデータが何かしら救出できたらいいですね。
本当に困ってる感じだったから。。

今日が千秋楽じゃなかったから、一本締めはなかったけど、
沢田さんとカズさんの2人きりの姿と、
しばらくは見れないであろう旗をしっかりと目に納め、私の今年のLIVEは終わり。

来年も元気で観に行きたいなあ。
欲出せばきりないけど。

まだまだ旅は続きます


JULIE
スポンサーリンク
シェアする

Nasia's blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました