「キネマの神様」公開日延期

JULIE

先日スポーツ紙に出ておりましたが、会社のほうから正式に発表されましたね。

もちろん映画によりましては、普通に上映されておられる作品もあるようですが、松竹にとってみればもう大看板という「100周年記念作品」ですからね。緊急事態宣言が3月7日時点でどうなっているの???という不安定な状況では公開をしたくなかったのでしょう。それと映画館で見るという行為は全然できるとは思うのですが、人の「気持ち」の問題ですよね。
おそらくストーリーはコロナ禍からその後の新しい世界的なハッピーエンドになってると思うんですよね。観る人がちょっとでもそういう楽な気持ちの状態で観てほしいという意識もあったんだと思います。
ただ残念ながら、シビアではありますがワクチンがある程度接種されないと今は本当に先がみえない・・・・私はGO TOも第3波を広げてしまった原因の一つだとは思っていますので、この先解除後再び待ってましたが如くにGO TOがはじまり、それ以外にももう我慢できぬと人々も気温の上昇とともに、むしろ昨年よりも活動が活発になってしまう・・・結果コロナの終息ってしばらくないことが予想されます。ワクチンもどうですかね、普通に摂取できるって今年中でギリギリなんじゃないでしょうか?
そんなことを鑑みて、どういう決断をくだされるか、すぐに公開日が出てこないということは、現時点では迷われている最中なんだと思います。完全に鎮静化優先だとそれこそ一年延期くらいの勢いになってしまうでしょうし・・・それはないとは思いますが、予想では7月とか、ちょうど撮影をされておられた頃なんじゃないかと思っています。

もう、気長に待つしかありませんね。。無事にクランクアップされたことを今は喜びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました