ある動画編集初心者の進捗状況

WEBデザイン

勉強してWEB副業をはじめて約4カ月
今は動画編集に軸足を置いていますが、
請け負ったものにも、いろいろ「どうなってるの?」という部分も含めて、この時点での進捗状況を。

スポンサーリンク

契約書は提出したものの

もう8月末だったか、9月に入ってでしたか、
忘れましたが(笑)
サムネイルのテストから入り、これ以上進めるには契約書を・・・ということで、こちらで契約書をダウンロードして、初めての冊子作りに少々難儀したものを送ったんですが、まったくこちら保管分の返送もされず、担当者の人も徐々に音信不通となっていき(突発的に2週間に1回ほど作ってくださいと依頼はあることも)

しかし、どうも???なのが、作成しても

修正がない
一発でOKというよりも、どうやら作らせるだけ作らせておいて後は放置みたいな・・・

報酬のそもそも金額設定や受取り方法全体的にあいまい

相手先は一応株式会社とつく企業さんなのですが、
金銭的なやりとりがあいまいで、
こちらに「いくらにします?」と金額を聞いてきたり、
かといって高いと(1000円は高いわけではないと思うのですが)
会社に通らないとか
そんなことやっているうちに徐々に音信不通ですからね😅

もっと「どうなってるの?」とツッコめばいいとは思うんですが、
なんか最初からのらりくらり的な空気があったので、あまりこちらからは積極的にいかないようにしようと、それよりも新しい取引先さんを探したほうがよくないですかね?

担当者が出張中だから

もう1か月以上前に頼まれた、こちらにも書きましたが、
作成していた人がデータ渡さずに飛んでしまったため、それを1から作ってくれませんか?と頼まれた企業案件。

社内研修用の動画ですね。
これを2本頼まれて、1本目はどうやらOKが出たみたいなんですが、
2本目の最終確認をしてほしい・・・という段階で、

その動画を最終的に確認する人が出張のため、12月に入ってでないと連絡がとれない・・・

↑あのぉ・・・この話11月の最初頃だったんですけどね、1カ月近くも出張なさっているんでしょうか😅

僕もこんなケースは初めてです(私と企業さんとの間に入ってやりとりしてくださっている方)
そうでしょうそうでしょう😅

というわけで、2本で1万という高単価な案件なのですが、支払いがぁぁぁという状況ですね。はい

このまま継続案件となるか?

これは最近応募させていただきまして、とりあえずお試しで1本作り、もうOKになったのかな?じゃあこれ(別動画)も作ってください。と渡され今納品中です。
どちらも企業さんの動画なので、そういうものを扱っておられる方みたいです。
報酬は2本まとめて、ということなので、今の2本目が出来上がり次第なんでしょうね。このまま継続してもらえるかどうか。

ちなみに、報酬は3000円。決して高くはないですが、企業案件ということもあり、私としては是非継続していただきたいなあと思っています。
やっぱり勉強になるんですね。動画の表現の仕方っていうのが、毎度毎度違いますから、
「これどうやって作るんだろう?」→調べる→実行→スキル身につけ
という。すべてがプラス作用ですからね。
今回だって、あの・・・なんていうんですか、「電波少年」的な(笑)
話している人の背景が実際のものじゃないというね、
緑の幕の前でしゃべっておられて、それを背景を持ってきて合成させるみたいな。
これもひとつ勉強になったわけです。

カット割り感覚のズレ


これも最近、編集チームの応募で、
まずはZoom面接で、仮採用された方がまずはカット1000円から入り、テロップやAE付け、効果音やBGMやら、それぞれの項目でOKが出たら本採用で契約書を交わしましょう。という流れ。
応募が60人ほどいましたし、半ば無理やろーと思ってましたが、
なんか5日ほどたって、突然「・・・カットしてください」と依頼がきたので、ああ、一応採用されたんだと思い、カットしました。
が、

これが独学者の罠というか、
やはりツッこんでくれる方がいないので、

自分の感覚と、この業界が求めている感覚と大いなるズレ

が出てしまうわけですよ・・・

カットに関して言えば、自分は心地よいと思っている喋りと喋りの間の取り方が

長い・・・・

求められているおそらく倍くらいww
なので、間を取りすぎ!とズタボロwに指摘され、それを見ると

そんなに短くしちゃってエエんですか???

という感じです。
いや、よく見れば指示書に書いてあったんですけどね、あまり意識せずにやってしまった自分が悪いのですが。

具体的に言うと、

言い終わった後(約4,5フレーム)
言い出す前(約4,5フレーム)


が良いらしいんですね。多分
多分・・・というのは、まだ再度直した添削がされてないので、断言できませんが。

というわけで、やっていくうちに

あなたアキマヘンわ。

と匙を投げるかもしれませんし、なんとかなるかもしれませんし、
かといって自然消滅になるかもしれませんし。
これはもう分かりませんね。

ただ、Zoomで一度お互い顔は合わせて喋っていますので、
こういう人なんだな、という安心感はありますね。

というわけで、間もなく11月も終わりますが、
現時点ではこんな感じです。

果たしてどうなるんでしょうか?
また経過は追って記述させていただきます!


コメント

タイトルとURLをコピーしました