テンションが下がった時にどうすべきか

つぶやき
スポンサーリンク

一週間前と180度違う状況に

一週間前は

・YouTubeのチャンネルに載せる動画依頼(3本続けてだったし継続の気配)
・飛んだ人の補い案件
・サムネイル作成

と立て込んでたのですが、
・3本目納品してから音沙汰がなくなった
・納品はしたものの、企業側から返答なし
・「継続的にお願いしていきます」とのことでしたが、その後依頼がないんですけど・・・

と、今この文章を書いている時点で

仕事が消滅してしまいました😅


一週間足らずで、仕事がないブーブー言うのは早計かもしれませんが、
あ、なんだかいい方向に進んでいってるな
と思った先なので、
弱い人間としてはやっぱりテンションが下がって少し鬱ってなってしまうもの。
少しずつやっていたafter effectsの練習であるとか、バナー作成とかもやろうという気力が正直失せております。これがいわゆる燃え尽き症候群なのか???
あの1カ月にバナーを100本近く作成していた気力はどこへいったのかwww

かといって、生きる気力がなくなったとか、書く気力がなくなったとかではないので
せめて人生の途中経過としてブログにはこうして書いておこうと。

11月はさすがに忙し目

それでも感謝しないといけないな、と思うのは
まだ仕事があること

接客のほうで。
世間では、連日ハローワークに通われなかなか仕事が見つからない・・・
そういう方々がたくさんおられること、存じ上げております。
それに比べれば、雇用調整助成金に助けられながら毎月最低限の給料は頂いているので、やっぱり勤務先が続いている限りは(倒産しない限りは)精一杯がんばりたい。

そして、11月というのは、これはもう事業所にとっても頑張りどころですよ。
コロナ禍でありますが、さすがに紅葉シーズン真っ只中となると、連日宴会(例えばツアーで昼食会場となっているとか)が絶えないみたい。宿泊数も増えています。
例えば、今なんて朝食の食数が大体30人~40人くらいですがそれがシーズンになると200食前後になるわけですから(笑)

今年なんて、今まで「京都、外人多いしなぁ。。」と控えていた人も、「今年はチャンスだ!」と言わんばかりに日本人が押し掛けると思うんですよね。
(想像ですが、そういうトップシーズンの“観光欲”っていうのは、コロナにかかってしまうかもしれないとかいうその側から見れば邪念みたいなものがちっちゃいと思うんですよね)

私にとりましても、久しぶりにまともに働く日々が2週間ほどですがw続くのかなと。
少しでもPC代を取り戻さないと(笑)

テンションが下がった時はまったく違うことをやる

こういう時は、例えば「動画編集求人動画編集求人・・・」とだけフォーカスして、応募したけれど、返答なし→ますますテンション下がる  の流れにならならいように、ゆる~くやる。(本当にこれやりたい!と思うことだけ応募するとか)まったく違うことをやる。とかして11月は過ごすのもアリなのかなと思っています。接客の方もそこそこ忙しくなりますしね。
今ちらっと思っているのは、過去の沢田さんのラジオ番組の書き起こしも面白いかなと。(半ば自分用ではありますが)
まあ、これも気分や、もしかしたら仕事が舞い込んでくることもあるかもしれませんので分かりませんがこちらのブログの更新頻度も高めていけたらいいなと思ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました