「BALLADE」渋谷公会堂

JULIE

昨日までは渋谷終わったら一旦帰ってバスで名古屋に来ようと思っていたんですがw
値段よく調べてみると、そーんなに変わらないということで(名古屋のホテルが意外と安かったw)名古屋に前乗りする形で、宿泊することにしました。

というわけで、PC持ってきてブログ更新しておりますw

タイトルを敢えて渋谷公会堂としたのは、

実際にこんな風に書いてあったのと、
沢田さん自身の口からも「大好きな渋谷公会堂」とあったので。

ここで写真を撮った後、まずはどんな感じ?と一周してきましたが(笑)
赤トラが停まるスペースもないし(昔は外にあった)スッキリとそのまま四角形という感じ。
以前よりも広場というのか、入場前のスペースが半分ほどになってしまったので、かなりギュウギュウな感じで並びましたね💦

チケットには名前と電話番号を・・・
ちなみに奈良と京都はそれもなくって、警備的な部分もかなりゆるかったなあ☉_☉

中に入っても、以前のほうがまだ広々していた感じ・・・
全体的に窮屈な印象はありました。
入場できたのは多分開場後20分後くらいだったと思うんですが、もうすでにあのチラシはなくなっていて、やっぱり関東ではここが最初だし、取る率が多いんだろうなと。なんだか、貴重なチラシになりそう・・・

で、会場内はさすが新しくできて間もない(約1年)ということもあって、とても綺麗で。
木の色っていうんですが、本物の木なんでしょうけど、ふんだんに使われていて、雰囲気が・・・ああ、長野の会館に似てるわ〜なんて思いながら。
列はたがい違いな感じで、前の人の体格にもよるんでしょうが、今回は人の間からストレスなく観ることができました。

久しぶりの渋谷の沢田さんは・・・
先に書くと、
関西人から見ると、
終始関東人(ぽい)w
最近は関西でも結構なまりは取れてきてる感じはしていますが(悲)
もうほぼすっかり標準語
いや、これが普通やと怒られるかもしれませんが、
奈良や京都で「自分は喋りい(しゃべたん)」って言ってた風がどこへやら、
MCに関してはどっちゃらけに行くこともなく全体的に淡々としたものでございました。

そして、最初は遠い席ということもあり、気づかなかったんですが、
「時過ぎ」で双眼鏡で御顔を拝見しましたなら、

お髭がほとんどない・・・

わずかばかり生えているような(推定生やして2日くらい)
わぁ・・・珍しい
これっていつ以来でしょう?かなり記憶がないほど前ですよね
(また別ブログをたどって確認しようと思いますw)

考えられるのは
・渋谷公会堂が生まれ変わって初めての公演だから
・「土」のスタッフさんたちが観に来られていたから

なんて思ってしまいましたがw
それならそれで、キレイに剃ればいいのにちょっと無精ぽくするのなんで?とも思っちゃいます。

音響に関しては、これは場所によって意見が分かれる感じ。
上階席でもよかったという人もいれば、私が座っていた席(1階後列)は、いまいち響きが足りないかなあという印象。静かに聴かせる歌はあまりそう思わなかったんですけど、ちょっとアップテンポぽい曲は前の方だけで鳴っているっていう印象がありました。

欲を言うなら、もうちょっと前で観たかったなあと思うのが、
その風貌がちょっと違うというのもありましたし、歌声が
後のかたまり中、今回が一番良かった
ということもあります。声は一番良かった分、音響の面でね。

でも、それは私の聴覚であってw沢田さん自身は疲れただろうけど満足いくパフォーマンスだったんじゃないでしょうか。
「超満員の中で歌えてシアワセ」
「(ほぼ)100%でできてうれしい」

言葉にもしっかり出しておられましたしね。
もうね、出てきて最近いつもどおりの「水飲んだふり」して
正面向いて京都では一瞬ニコッという感じだったんですが、もうニコニコしてね。
ああ、ホンマに嬉しいんやなと思いましたもの。
歌声から感じる「ここでまた新たに歌えて嬉しい!」っていうオーラっていうのか気持ちがね溢れていて、「いくつかの場面」で、こうやって元気でまたこのステージに立つことができて良かったねジュリーって思うとウルっときてしまいました。。

歌詞間違いは多少はありましたが、止める感じもなくw
「雨だれの挽歌」「いくつかの場面」は完璧でした〜
あのうーん・・・て悩んだ日はどこへやら💦
最後の「ハートの青さなら・・・」くらいですね、演奏がストップしたのは。一番最初の沢田さんの入りが早くって、カズさんと顔見合わせて一瞬止まって、また最初からやったくらい。

MCに関しては、あまり目新しいことはなかったんですが、
今日もやっぱりお疲れなご様子😅
そりゃ、あんな声量出しまくっていたら、73歳ですよ73歳・・・私なんて1曲歌うだけでゼーゼーもんですよ💦
マイクをずっと左ばかりで握っていると疲れるとか、マイクが重いから唇で支えて歌いたいとかw
「キネマの神様」は2回ご覧になられたようですが、自分の演技にうーん・・・とどうも納得いってない印象でした、自分がやるより、やっぱり志村さんがおやりになっていたら・・・というね。
そんなことないのに、って私は思いますが。

京都の時のようにまた靴の話を少ししてましたが、多分左足かなあ、昔かくし芸で、片岡仁左衛門さんと一緒におやりになられた時、襖かなんかが足に倒れてきてそれ以来多分痛みを抱えている感じ。
だから、靴のすり減り方が左右違うと。多分かばっている方の足の減り方が大きいんでしょうね。
裕次郎さんみたいに(古)ちょっと足を引きずっている様子はこれまでも今もないので、そこまで痛いっていうことはないんでしょうが、それ以来ずっと痛みを抱えておられたんだなと初めて知りました。

会場の盛り上がり(拍手)もBALLADE中一番でしたし、
首の体操してますか?レベルで首を左右にフリフリしながら丁寧にその拍手を受け止めていた沢田さんが印象的でした。

6年ぶりの渋谷。やっぱりいいなあ。会場のこの熱い雰囲気が変わらなくって。
ファンとしてやっぱりこの会場に行かないと!って思うわけです。

いつかはね、立ってノリノリで盛り上げたいですね!

JULIE
スポンサーリンク
シェアする

Nasia's blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました