はね駒余韻(14)

JULIE

今日は34話35話ふりかえりということで。
松浪先生は入学式ということで、フロックコートでご登場⭐
いやまあこれがお似合いなんですよね。さすが王子様💝

普通なら、「おりんさんか、おめでとう」くらいで去りそうだけれども
後ろ振り返らせて、じっくりと女学生になった姿を見つめる松浪先生・・・
んも~~どこまでドキドキさせるの(*´Д`)ですよね

「よく頑張った。おめでとう」という言い方も松浪先生は普通に言っているかもしれませんが、こんな言い方で言われたらもう今までのつらかった人生吹っ飛とんでしまう級ですね(ちょっと大げさw

入学式の中の讃美歌が歌われる中、もう松浪先生しか見えていないりん。
わたしなら妄想爆発だわ・・・
ところがどっこい

絵に鬼の角を描こうか迷いましたがwそれはさすがに失礼。
りんは給仕手伝いで全然勉強ができないというのに、お構いなしにしかりつける松浪先生。
そして松浪先生は数学の先生だったんだと知ることになる視聴者w
どうでもいい疑問ですが、4年生まであって、それぞれの授業となると、あの先生方の数じゃあ足りなすぎませんかね?いや、1クラスずつなのか、それならギリ回るか・・・どうでもよかったですねハイ😅

松浪先生の授業シーンもっと見てみたかったですね。意外とこの時だけでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました