はね駒余韻(15)

JULIE

映画館も再開されるようになって、このまま見ることができる状態が続けばいいと祈るばかりです。
今日から全国のTOHOシネマズにて『男はつらいよ』選りすぐりの12作品が上映されるとのことで、その中に「花も嵐も寅次郎」が入っていますね(*^^*)

『男はつらいよ』選りすぐりの12作品 TOHOシネマズにて上映決定!|松竹映画『男はつらいよ』公式サイト| 松竹株式会社
松竹映画『男はつらいよ』シリーズは、山田洋次原作・脚本・監督(一部作品除く)・渥美清主演で1969年に第1作が公開され、以後1995年までの26年間に全48作品が公開された国民的人気シリーズです。

作品の内容というよりも興業面の評価かなとは思ってますが(第3位)
そう思って調べたら1位の「私の寅さん」入ってないしなー
もしかしたら、沢田さんが「キネマの神様」に出演されることと関係あるのかななんても思ってしまいますね。
ちなみに私的ベストワンは「寅次郎夕焼け小焼け」。ジュリーじゃないんかい(笑)
私も忘れていなかったらw観に行こうと思います。

それでは「はね駒」36話より。

届け物を頼まれて松浪先生の家におそるおそる行ったりん。
なんたって、授業の間は鬼でしたからね(苦笑)
あのシーンだけでなく、もう授業のたんびにきっとコワイ顔して、イジメなんじゃないかと思ってしまうレベルだったんじゃないでしょうか😅

しかし、玄関先で迎えてくれた松浪先生は、相馬で逢っていた頃の優しい松浪先生になっていて、しかも家に招き入れるなんて・・・そらりん戸惑うよな🌀
てかいいのか松浪先生・・・

りんが届けたかつおの角煮が大好き💗な松浪先生。
シーンを見る限りでは、本当に食べておられてwただ食べるだけではなく、食べている表情の豊かさやその食べた後の手をペロペロするところなんか、きっともうこれはアドリブなんじゃないかと思うくらい、いい意味での沢田さんらしい食に対する執念深さが描かれております(爆)沢田さんらしいが、松浪先生らしくない一面を見た貴重なシーンですね(どういうこっちゃ)

トップの画像にしてますが、あの満面の笑みなんて、松浪先生史上最高でしょう!

そして食するシーンが終わり、この松浪先生に戻った表情ね。
こんな優しい顔されて「よく頑張ったね」なんて言われたら、そらまりんちゃんボロボロ泣くわな😢

描きませんでしたが、松浪先生がお茶を入れてくれてお互い見つめながら飲むシーンなんて、もうこの後何があってもいいような雰囲気かもしまくってましたが💗みどりを登場させることにより、台無しに。
いやいや、こういう時に敢えてみどり能天気にしておかないとここで二人の仲を疑ってどーだこーだほじくってしまったら、ストーリーが滞りますのでね。ドロドロは朝ドラでは御法度ですし、あくまでも終始能天気なまま終わらせたんですねきっと😅みどりさん松浪先生が退職された後東京行ってしまったようだし、この後再登場はあるのかしらん。

この回の最後、りんは英語のテストがボロボロで退学になるかもしれないと校長先生にオドシをかけられ、絵よりもっとコワイ表情でおりんをにらみつけてましたね🙀


これを書いている時の「はね駒」はちょうどりんと源造が相思相愛になった瞬間の回で、こういう時って松浪先生への感情ってどんなもんなんかなあ?なんて思ってしまったり。どこかいつも頭の中にあると思うんですよね。だって松浪先生に対してはメチャメチャ好きってことが滲み出ていたのに比べて源造に対してはどこか冷めている感じなんですもの。あ、単に大人になっているだけか😅

コメント

タイトルとURLをコピーしました