はね駒余韻(23)

JULIE

放送中の「はね駒」はおみっちゃんが病気でどうなるべか・・・という状況ですが。
さて「はね駒」45話より。

かつて描いたこの絵もカワイくてお気に入りですが(笑)
最近色気を出せるようになってきたかなと(松浪先生の絵にね)自画自賛w

考えてみれば、松浪先生の「お茶淹れシーン」ってずいぶんあったなあ。
なので、印象に残っているといえば「微笑」「お茶淹れ」みたいな(笑)
今回も鶴次先生にお茶を淹れておられます。

この回は、次回からの松浪先生的クライマックスの前のひと段落的な回になってますね。流れからはあってもなくても良いのですが、ファンからすれば、松浪先生がとりあえずお元気そうなので安心するのです。

ファンなら一瞬ドキッ💗とするのですが、この上画のシーンで立ち上がる直前、鶴次さんのほう向いたままニコッとなさるのですが、その瞬間がまあなんと優しい顔をされていること(*´Д`)

松浪先生立ち上がって机の椅子に座るのですが、ペン?を持っておられたので何か書こうとしておられたのかしら。この懐かしむ表情も素敵でしたね(*´Д`)💗


そこにお化けのように(失礼)現れたのが梅沢先生。
東京に今でいう出張に行くというので、旅支度が大変だろうとという言い訳でたずねてこられたのですが、もうここから松浪先生の荷物を通して鶴次さんと梅沢先生のいわゆる女の取り合い状態になりwww

この時って、演出さんからどういう指示があったんですかね?
手前の二人の取り合い💗に「やめてっ」とせずに、ただただ無表情でいてくださいみたいな?それでおかしみを狙う的な感じでしょうか?
それでよく見てみるとカメラが松浪先生に寄る直前、異様に松浪先生まばたきをされているんですよね。こういうのも何気な演出なんでしょうか(笑)
次のシーンに変わる直前、鶴次さんが梅沢先生に「さるまたをそんなに握りしめないでください!」というのもツボ。
ちょうどこの放送された日って、こんなことにならなければ沢田さんのツアーの初日だったので、どこか気持ちが晴れた気がいたしました。ありがとうございます。
って、どんな観点で気が晴れるのワタシ(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました