灰とダイヤモンド~紅白歌合戦~

JULIE

85年まだ続きます(しつこい😅)
しかし本来であれば、今日のLIVEはどうだったとか一番鮮度のある事柄を書けたら良かったんですけどね。このような状況でどうにもこうにもなりません。

85年末の紅白で歌われた「灰とダイヤモンド」はわりと好みでたまに見るんですけど、何も先入観なかったら「わあ、ジュリーカッコエエわ💗」で終わるわけですが、ファンになりたての頃かな、翌年の正月歌劇でこの時の心理状態をMCで面白おかしく語っていたことをあげてくださっていた方がおられて、保存させてもらっているんですが、その文章を参照させてもらって、ご存じでない方にそういう感じだったんだあ、と改めて当時の映像をご覧いただければ(笑)

<「灰とダイヤモンド」の3分15秒の中で精神的な葛藤>

衣装はなかなか本番まで決まらなかったようで、結局、この時から3年ほど前の武道館で着た総ビーズの上着(3.4キロあるそうです)、ジーンズはカサブランカ・ダンディーの衣装、新調したのが黒のタンクトップだったそうです。

へえ、カサブランカ・ダンディのジーンズを衣裳をいまだに・・・って考えてみれば6年しかたってませんね😅しかしそのカサブランカ・ダンディにつぐシンプルな衣装かもしれませんね。なんせ脱いだらタンクトップのみという💗

しばらく出てなっかったTVなのでドキドキ上がってくる自分を抑える為に。

衣装を着てみて、「おー似合うなぁ」「かっこいいなぁ!」と自分で高揚させて、「上がってる状態」から「正常な状態」にするそうです。


カワエエよカワエエよジュリー(*´Д`)(*´Д`)

後ろ向いて立ってくださいと言われ、自分のシルエットが見えるように、
音が出て、さーっと動いた時にすーごーく決まっって、自分にうっとりして、その場に3秒いたそうな。
ア~いけない、いけない動かなくっちゃと言うことで、
「よーし、これでこの1年間のブランクはもう俺のものだ~よーし行くぞ!行った途端、オー階段だ!気をつけよう!気をつけろ気をつけろって思いながら、ターッタッタと降りていって降りたとたんですよ。ツールーとすべった」

ぞーっとして目の前が真っ暗に


よく見たらああ・・という感じですが、言われないとわからないすべった瞬間w
映像見たら歌う位置に行くまでに階段のほうを振り返っておられますよね。
その時か、目の前真っ暗になったのは😅

「よし、歌いだして、オーなかなかえ~声だ。そこまでして自分を持ち直そうと葛藤してるわけねぇ、そして、ぱ~と行って、ずーっと歌っていて、で、あの、♪魔性の微笑みわすれてしまい♪と言ったときに声がふわ~っと裏返ってしまったのよね。」
「1年間何のためにと思った途端よ。さびというか中間部分にきて、もう、♪尾戯れに、おしゃべりに尾戯れに♪なのに♪酒に飲まれ人に飲まれ♪違う歌を歌ってしまった。テッロプ出てる。どうしょう、どうしょう、もう、最悪、でも、そこで僕は今年1年は終わってしまった。」

「パフォーマンス、パフォーマンス」と一懸命その場で考えるんでしょうか?

この声裏返りの瞬間も言われないと全然気づかないレベル(笑)
それでたぶんうわああってなって無意識のうちに2番の歌詞を口にしてしまったのかしら。ジュリーが紅白で初めて歌詞を間違えたと思われる瞬間・・・
で、面白い、っていったら怒られるんですが、今日なんとなく「歌のトップテン」の同曲を歌う映像を見ていて、おんなじところで声が裏返ってるんですよね。なんででしょう?自分で歌ったらそんな裏返る要素が出てこないんですけど・・・で、なぜかトップテンのほうが裏返りの幅が大きかったにもかかわらず、その後は間違えずに歌われているという(笑)とどうでもいい発見でした。
そして、肉体的なハプニングがwww

「白い肌が全部見えちゃうから、こちらは手で止めるんだ、そしてぱーっと着るんだ、そして、そう思ったら、ズドーン。
いけない白く輝く肌が見えてしまった。
決して太ってるわけじゃないけど、ムチムチ見えるんだ、色が白いゆえに。太く映るんだ!
黒いドーラン塗っとけば良かった。
いろんなことを思いながらそれでも、そこでへこたれない、まだ、30秒ある。
もう一度この上着拾って肩にかけるんだ。肩にかけてムチムチの肌を隠すんだ、手でぱっと上着を掴んだら、総ビーズで重いのよ。3.4キロあるのよ。
持った瞬間、わ~重たいなぁっと思った瞬間ね、思いっきり力入れてぐーっとやったら後ろにズール、う~ん、もう、止めたと思いました。」

ああ、このMC生で聞きたかったなあ(*´Д`)(*´Д`)
だって自分で「白い肌が」とか「白く輝く肌」とか「ムチムチ」とか「ムチムチの肌」とか言ってるんでしょ。どんだけ笑い転げながら萌えまくったことであろうか・・・(シットw

これ見ると知る人ぞ知る黒〇さん思い浮かべるんですがwww


映像見ると、なんだか自主的に脱いでいるように見えるのですがw
確かに上着を拾い上げようとして肩にかけようとしてますね。いや、前にあるから邪魔だと後ろに投げ捨てているようにも見える。とにかくジュリーは片方でも肌を隠したかったらしい(笑)

皆が良かった、良かったというけど、
しばらくはビデオを見る気がしなく、年が明けてから3、4日経って見られたそうです。
「LIVEだよ、生だよ。一生にこの瞬間は1回しかない、人間だよ」と言い聞かせたみたい。

先日書いた中にもビデオ見て「ま、そんなに気にすることでもないわい」と気を取り直した。とあったので、諦めがついたのでしょう。てか、すでに歌の最後にもう開き直って両腋毛魅せてますからね(笑)
本人は嫌でしたでしょうが、ファンにとっては実に美味しい💗「灰とダイヤモンド」の歌唱だったわけです。

JULIE
スポンサーリンク
シェアする

Nasia's blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました