2021年伊勢神宮お礼参り(2)

神社巡り

今回は時間も書いておいたほうが、何かの参考になるかと思い時間を書きながら進めてまいります。
結論から言うと、
外宮から内宮まで多少遠回りで歩いても全然苦じゃない!
という(笑)
親指だけ痛いなあ・・・と思って後で足を見たら、爪が伸びてましたw
それくらいです。

スポンサーリンク

12:15 外宮到着

冬って、結構空気がきれいなイメージがあるのですが、
今日はこの地域全体スモッグ?なんかモヤがかかってまして、いつもの外宮の青々しさというのはさすがに失われていたのですが、それでも伊勢市駅から歩いてお山含めてご神域が見えるようになった時の場の存在感は相変わらずすごいです。

それで上の写真で左から日が差してるじゃないですか。
そしてこの鳥居を一礼してくぐる瞬間
ホントに何気に太陽を見たんですよね
そしたらその瞬間急に・・・
涙腺着火www

私は別にスピ的でもないですし、霊感もないですし、
場の雰囲気がなんとなくこうだなあとかそれくらいなんですけど、
ホントたまーに急に涙が溢れ出してしばらく止まらなくなる・・・
という現象が起こりまして。
感動とかしてじわりじわりじゃなく、
たとえて言うなら普通に歩いていて、急に腕を引っ張られるような。
ホントこういう時にマスクあって良かったと思っています😅

そして、人様にとても見せられないような顔をしながら正宮へ到着。


これ、参拝させて頂いた後に撮ったものなんですけど、
ご覧の通り、それなりに人がいらっしゃって、私もいそいそとリュックから千円札取り出しながら
の時はこれくらいはいらっしゃったはずなんですが、
参拝させていただいた時、なぜか

周りに誰も人がいないww

その、次に誰かが待っていたりされてなくって。
千円札を入れさせていただこうとした時、真正面に千円札が入ってなくって、右端のほうにお札が偏ってましたから、ひとりだけ正面にお札入れてもなあと右端で入れてから、真正面で改めて参拝・・・するという時間的余裕がありましたから。

エッ、これっていわゆる人払い?みたいな😅

もう特に神社参拝の時は、なんでもかんでもいいように考える性質なので、何言ってんだくらいの気持ちで読んでいただければ幸いです(笑)

とこういうこともありまして、

なんだか神々しかったので、多賀宮方面を撮りましたが、その真下でスマホかなんか見ながら調べものしているおばちゃん2人組はそういう下に立っていることにまったく気づいていないという(笑)

で、荒御魂の祀られている多賀宮へ・・・と思いましたら
その上がる石段の前に、こういうところを守られる警察官的な人がいらっしゃいまして、
他の人に話しているのを聞いていると、どうやら今祭祀的なことが行われていて、あと1時間くらいは行けないそう。

それで、そうか・・・道理で今日は???なことがあるのだと、勝手に合点がw
明日の朝も行くチャンスがあるので、明日改めて参拝させていただくことにしました。

土宮、風宮は普通に参拝できたので、こちらには参拝させていただき、外宮を後に・・・

何度か外宮にはお参りに来させていただきましたが、
私的には場の空気感が、内宮よりも好きで合っているなあと思っていて、
まあ・・・好きとかどうとかと比べるのは失礼なのですが😅
思うに、こちらの御祭神である豊受大神が今の丹後の国にゆかりがあるということで、ご先祖様も丹後ということで、そういう縁もあるのかなあとか思っているわけですが。

来させていただくたびに、感じる部分というか事象が違うので、いいなあと思った神社は何度も足を運ぶことはいいことだと思います。表現変えれば「だから神社参拝は面白い」

(つづく)

コメント

タイトルとURLをコピーしました