中島みゆきオールナイトニッポン(6月23日)①

JULIE

ラジオ番組の書き起こしですが、ご存じのとおり、中島さんは自由な方なので、リアルを書き起こすのは難しいですね😅

中島:本日のゲスト沢田研二さんです

沢田:こんばんは、沢田です。

中島:やったねーいいだろ~いいだろ~実物が今目の前にいるんだぞ
いいだろ~いいだろ~マイクの前にいるんだぞテープじゃないんだぞ
よくあるけどね番組なんかで。相手の言葉だけ録っといてあたしがそれに合わせて喋ってるようにてのはありますけど。

沢田:(笑)そういう経験あるんですか?

中島:あたしのを使ってもらったことはある、そうやって。
ちょっと時間がとれなくて、なるべく間を切って喋ってください。それに合わせて司会の人が返事しますから、っていうことがありましたけども。
こうやって喋ってるから実物でしょ。
で、「ヘンな食べ物」。コマーシャルの間にチラッと話してたんだけども、沢田さん・・・沢田さんと呼んだほうがいいですかジュリーさんと呼んだほうがいいですか?

沢田:もうなんでもいいです

中島:そうですか。(笑)沢田さんがですねいちご大福を食べたことがあるという話を。いつ頃ですか?

沢田:えーっとね、NHKで「はね駒」ってのをやっている時にね、楽屋でね「大福食べますか?」って。「うーん・・甘いもの食べると太るからな」とか言いながら断るとまた嫌われるかなと思って、いただきますがぶっ、って噛んだら想像もつかない香がしちゃったんですね。もわって。「なんだこれなんだこれ」って思って「エッ??エッ??」って一人で騒いでたら「いちご大福ですよ」って冷静に言われちゃって。「いちご大福って本当のいちごなのこれ?」「今流行ってるんですよ。東京のどこそこで売ってます。並んでます。予約しないと買えません」って。そう思ったとたんに「ありがとうございますあんこといちごは合う」なんて言ったり(笑)

中島:もうしっかりですね目の前で手に持った時の回想シーンがですね出てるわけですね。見えなくて残念ね。ラジオじっと見て。目が寄ってるんです沢田さんの目がもうすでにですね。いちご大福を見た時の目になってます。この銀縁眼鏡がですね・・・あれそれモノホンですか?ダテですか?

沢田:モノホンじゃなくてホンモノです(笑)芸能界ズレして(笑)

中島:言葉遣いを丁寧にするように、あっそうですね
ではハガキにまいります。「最近あんたら大福というのが流行ってるようですが、こんなのはどうでしょうか?さくらんぼ大福ならびにマスカット大福」シャシン入りで載っております。「さくらんぼ大福平常価格150円のところ80円」こんなに安くなるの?「マスカット大福平常価格150円のところ80円。いかがでしょうか?」ってきてますが。写真がありますねどうぞ

沢田:ああ・・・

中島:どっち食べたいと思います?

沢田:マスカットねえ・・これ種むいて入れたんだろうかねマスカットって

中島:種入ってるでしょ

沢田:種入ったままかな?皮とってから・・その取る時口の中に含んでいれてるんじゃないだろうね(笑)

中島:(笑)わあああちょっと

沢田:まさか機械でむいてるとか?

中島:機械じゃ無理ですよね

沢田:手でむいてるんでしょ

中島:たまんないものがありますね

沢田:(笑)

中島:うわあああ・・・。
大阪からもきてる「みゆきさんこんばんは。梅干し大福はいかがでしょうか?」よしてくれよ。包み紙がここに貼ってあるわけ。「種が入っておりますのでお召し上がりの際にはご注意ください」とこのようにあります。うわああ種が入ったまま・・
あのぉ唐突ですけど、おにぎり。幼馴染というか自分のおうち風のおにぎりの中に梅干し入れますね。種入ったままですか?取りますか?

沢田:ああ、僕子供の時は梅干しとかはなかった。

中島:梅干しがなかった??

沢田:なんも入れない

中島:なんにも入れない?

沢田:ごはん握ってのりだけ。あとお母さんが・・母が。我が母は別に卵焼きを

中島:ああそうか、あんまりあれ?梅干しとか食べませんでした?

沢田:ちっちゃい時は食べなかった

中島:ああそうですか。ああ甘いもののほうがね、ってノリだったかもしれない

沢田:そうですね。ちっちゃい時はね

中島:うちなんかですとね梅干しの種を飲み込んじゃうと悪いっていうんで取ってあるもんだといつも思ってたんです。親がそうやってたものですから。でよそさんに行くと結構種の入ったおにぎりが多くてね。よく前歯でガシーンとやって痛てえって思いましたもんね。

沢田:種の中がおいしいんですね。

中島:そうそうナッツみたいなのが入ってて

沢田:口の中でうまいこと皮をむいて皮だけ出して
また種の中のところの一番固いところがあって


中島:いわゆる「胚」というやつですか?

沢田:そう。そこだけ一番最後に残してそれを歯の間に挟まないようにしながら・・・(笑)

中島:(笑)録画の前にそれやんないでくださいね、歯につまって出てきてしまったら台無しですから。
本番前にコンサートの前とか録画の前にやきそばとかやっぱさけます?

沢田:うん、あんまりコンサートの前はね。よくテレビ局なんかで使いまわしのマイクになったりするじゃない。でふっと見ると口紅ついてたりだとかね。なんか青いものがついてる。ニラじゃないの?(笑)きったないねー
これからはテレビ局にちゃんと自前のマイクを持っていこうみたいな(笑)


中島:私はずっと前に同じPAの人がね、山口百恵さんのコンサートもやっている人だったんでやっぱり使いまわししてたことがあったんですよ。で、パッと見ると口紅がついてた時なんかやっぱ拭きましたよ。それなんか逆にうわあああっはっはっ・・(笑)山口百恵と間接キッスだぜえとか女同士でちっとも嬉しくねえなんて(笑)そんなことがありましたけどね。口紅ならまだしもね、ニラは嬉しくないですね。
じゃ次にいきたいと思います。美しくない話になってきたなあ。。
「ぜんざいの中に牛乳入れたっていう話を聞きました。私2年前に「コーヒーぜんざい」というのを食べたんです。京都の清水寺近くのコーヒー屋さん。最高でした。お餅は入ってなかった。コーヒーカップの下のほうにぜんぜいのトロッとした豆が沈んでて、その上にコーヒーを注ぐの?でミルクを入れてコーヒーの苦みとぜんざいの甘みをスプーンで調節しながら食べるの。わりと有名なんだけどなあ」と。

沢田:これはおいしいよ

中島:食べました?

沢田:こういうのとかき氷「宇治ミルク金時」っていうのがある。

中島:宇治ミルク金時・・

沢田:ミルクと金時は合う。それにお茶の渋みが加わるとこれがなかなか雅の世界です(笑)

中島:(笑)うわああ色がすごい色がハッキリして・・

沢田:でもこれがなかなかおいしいの。なかなかねえ「宇治ミルク金時」っていうのがないの。「宇治金時」とか「ミルク金時」はある。

中島:ミルク金時・・

沢田:ミルク金時は甘いミルクじゃなくて濃いドロッとしたのでそれがかかってて、下のほうにあずきが入ってる。

中島:それはなんとなくみえるな。アイスクリームにのっかった金時みたいな感じがするな。

沢田:それにお茶をかけてごらんなさいっていう

中島:頼むからそこの上にさらにいちごシロップはかけないでほしいっていう色彩感覚ってものがあるだろうと思いますが(笑)
「ヘンな食べ物」のコーナーからゲストコーナーがはじまってますが、実はですね本日は沢田さんのLPの話とかコンサートの話とか後ほど思いっきり伺おうと思っております。

お便りのコーナーがあってレコードの話に続きます(続)

コメント

タイトルとURLをコピーしました