まだまだ一生懸命@神戸国際会館

JULIE

名古屋から、またまた1カ月あいての神戸です(笑)

本当は9月11日でしたが、
今となっては私にとっては今日で良かったと思ってまして。
近くの病院で父が闘病してるのに、かたやLIVE行って楽しんでる不肖の娘みたいな気分もしてしまうんじゃないかというのがあったので。

MCでも言ってたなあ

今日で良かったという方もいるかもしれません
今日で大変だったという方もいるかもしれません
でも、これは奇跡だと思います。

沢田さんにとっては、もうLIVE一回一回がちゃんと行われることっていうのが生涯「奇跡」なんだろうなと。改めて、こうやって神戸でLIVEをする機会を設けられて、無事に催行できて良かったですよね。

こうやって日にちも開くと、これもこれでセトリを結構忘れているのでw
新鮮に聴くことができますね。

で、歌詞間違えや少々遅れ割合はまあまあいつもどおりな感じでしたが(コラコラ
いつもと違ったのは
ビロードの声成分というのかな、
どういう表現が正しいのかわかりませんが、
声を伸ばした時の最後の音が響くというのか、拡がるというのか
これはもう沢田さんの歌声の特徴の一つですけれど、
その成分が今日は多かった気がしましたね。
もちろん、この会場は
音響がとってもいいので(個人的には一番)
そういう所以もあったのかもしれませんが、
とにかくよく声が出ておられました。

そんで、2曲目くらいかな、
サーモスタットなんで別に泣くような曲じゃないのにw

ちょうどですね、私の前2席分空いていたのですよ、
それで俯瞰で(24列)ステージ全体が綺麗に見えるような感じのいい環境のお席で

そういう前の人が・・・というストレスもなかったせいか、余計なこと考えることなく
なんか素直に

あなたしかいない

的な言葉が脳裏に浮かんでまいりまして

やっぱり、それなりにいろいろある最近の日々ですが、
こうやってLIVEに行って、やっぱりLIVEっていいなあって思うし、
日常の潜在的な部分でもずっと支えられてきたんだよな、って思ってしまって
なんだかウルウルしてましたね。最初の頃は。

姿は、相変わらずお元気そうで(もうそれが一番)
おひげは無精ひげ程度でしたが、
ちょっと髪伸びた、というよりボリューム感が増したかな。
名古屋では耳たぶの下が見えたんですが、完全に自然と巻かれた髪に隠れてしまっていて。
もうこれで帽子かぶってマスクしてサングラスしてたら、
いくら公開間近の映画の主演俳優の身であっても誰も気づかないだろうとか思うと同時に
そうか、もしかしたらわざとツトムさんと髪型を変えることで、
ちょっとでも気づかれないようにという目的も
もしかしたらあるのかもしれないとか、ふと思ったりしてw
これで、映画がある程度公開し終わって、短く切ったら、間違いなく理由はそれですな。

まあでもお元気そうだといっても、例えば危険なふたりのあの足をクロスしながら走るのを自重されたのか、その場をドタバタする感じで処理されたり、歌の終わりでたまに手をダラーッとさせるとか、
お歳なりの体のキツさは感じられましたね。
それでも、歌声にはまったく息を切らした感を出さないのはもうお化けですけれどね👻w

あとは、ひとつだけハプニング?があって
「時の過ぎゆくままに」のイントロは、カズさんがソロのギターで入るんですが、
その音が???
と素人でも明らかにわかるレベルの???な音で
思わず沢田さんもカズさんの方を見て一瞬止めようかどうか迷われていたと思うんですけど、
そのまま歌いだして、一通り歌い終わって、
止めようと思ったけど、もう一度イントロだけやりませんか?と
メンバーに言って、イントロでちょっと遅れ気味にw「あな・・・」だけを歌ってやめて

穴があったら入りたい

と深々とお辞儀されておられました。。

まあこれはカズさんの完全なミスなので、
沢田さんが謝ることはないのですが、やっぱり会社で言ったら部下のミスは自分のミスということなのでしょうか。
こういうことには厳しい沢田さんなので、後でカズさんには注意してそうですが、
素人の私からすると、もうカズさんも70だし、多少は許して~とは思いますが、アカンやろか💦

MCでは、今のコロナ情勢のことや、映画のことをちょこっと

ちょこっと・・・

あのぉ、公開まで1週間切ったんですが

なんで全然宣伝しようという気がないのでしょうかwww

11日から公開されますが
あまり期待しないように・・・
期待しないのも困るし
期待しても・・・

どっちやねんwww

あとはコロナでなかなか映画が撮れなくって、くらいな話で
なんだか、監督さんたちがすごい宣伝頑張ってくれはってるのに、
その温度差を感じてしまいました。
キネマの神様は出ていかないのはわかるけど、
これに関しては、望まれて出演依頼されて、望んで出演して、
映画の出来具合に関しても満足されてたご様子だったので、
もっともっと自身でみんなに見ていただきたいと出ていかれてもいいんじゃないかと
個人的には思いますが。

ま、もしかしたらフォーラム以降で映画の話をしてくださるかもしれませんので、
ちょっとは期待いたしましょう。

とにもかくにも、沢田さんが元気で歌っている姿を見れたことが一番です。
ありがとうございました。


JULIELIVE
スポンサーリンク
シェアする

Nasia's blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました