はね駒余韻(16)

JULIE

昨日はなんだか一日中絵を描いていたなあ(笑)
もっと外出なはれ、ともう一人の自分が言うてそうだけれども、本心は絵を描きたいので、その気持ちを優先しているという感じです(^-^;

ちなみに6月6日現在。わが家には
・アベノマスク来ず
・給付金申請用紙来ず

(スマホ申請よりこっち待っていた方が早いらしい)
・サワカイからの返金来ず

いや、最後は半ば置いといてですが💦
どんだけこの住んでいる町って、財政的に厳しい状態でやってたのかがわかるような気がしましたね。インバウンドはものすごいのに、市民は普段の生活に不便だけかけさせられて利を得ることができなかったツケが回ってきた感じです。

はね駒37話より。
時期は夏休みになったのですが、ご覧になられたかたは若干の違和感を感じられたと思います。それは

松浪先生がメチャ色っぽくなっている件です(*´Д`)(*´Д`)

私もこうやって頑張って描いてみたものの・・・色気の部分を出すことができず、惨憺たる結果にorz・・・嗚呼悔しい(´Д`)

髪を切られたのか?それもあるんでしょうが、ボリュームがなくなって、本来のジュリーのサラ髪になってるんですよね。
(先日の某女性誌の〇し撮り画像ご覧になられたらそのサラ髪感がよくわかると思います💗)だから、前は若干パーマかけてたのかな?なんて思ったり。
それと同時に顔もなんていうんですか、ちょっと退廃的な雰囲気を醸し出しておりまして、松浪先生が2度も3度美味しいという🍖とんでもないことになっております💗💗


あっ、ストーリーから脱線してましたね。
おりんちゃんはこの時「相馬さ帰らず、叔父に英語面倒みてもらうべ」というただの報告だけで、松浪先生のところに行ってるわけです。
それだけで松浪先生のところに行きますか???という嫉妬寄せ集めのような展開でも(笑)松浪先生は「絶対退学なんかになってほしくないんだよ」と、フィアンセに向けるような眼差しでおりんを見つめるもんだから、どんだけ色男なんだよぉぉぉ~~~
取り乱しました。

玄関の扉の謎開け閉めが起こり、こうやって開いた時の松浪先生もなかなかないい感じで(*´Д`)

梅沢先生ってこういうキャラクター設定なのね。と気づいたのがこの回でした(笑)
後で、市中に回る松浪先生の悪い噂を鵜のみにしてしまうことを除いてはナイスキャラクターなんですが、やっぱりウザい(笑)
しかし松浪先生は絶対ヘンな気持ち💗で思われているのを分かっていながら、そんなことを表情に出すこともなく退職されるまで邪険にされなかったところが人格者だなって思いますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました